<7月のリハビリテーション庭園>

新しい庭に引っ越してから初めての夏がやってきました。リハビリ庭園は北側ですが夏は日当たりが良く、そして何より日陰の時間も時折あるので涼しい場所もあり、患者さんが外に出るには丁度良い環境の様です。

青い空の下、さわやかな白いグラジオラスや順調に育っていたアサガオが次々と咲き、夏野菜も収穫できました!

「色んな花が咲いてて癒される。これ見てると長生きできるよ」とリハビリで水やりや肥料をやっている患者さんから声が聞かれました。

皆さん、毎日外に出るのを楽しみにしている様でした。


↑7月7日の七夕に向け、患者さん方とポスターを作成。

皆様の願い事が叶いますように!


↑白いさわやかなグラジオラス

↑↓春に患者さん方が種まきして下さったアサガオが毎日次々と咲き、夏の庭らしくなってきました!リハ室の窓からも見えていい雰囲気です。

「きれいだねえ、いい色だ。これ見てると長生きできるよ」と患者さん方は笑顔でした。


↑ひまわりも大きくなってきました!

↑ミニトマト、ナス、ゴーヤ、ピーマンなど夏野菜を収穫!

「大きくなったね。看護師さんにおみやげだよ!」収穫された患者さんは笑顔で病棟に戻っていかれました。


暑い日は室内で夏の花をイメージした切り紙や押し花を作成しました。

右写真のアサガオ、コスモス、キキョウのポスターは3人の患者さん方の合作です。

「きれいにできたね!」と患者さん方も笑顔。

夏らしくさわやかで、素敵な作品となりました!

コメントをどうぞ