<2月のリハビリテーション庭園>

寒い日々が続きました。室内でパンジーの押し花作りや、冬の乾燥した土に

防寒具を着て患者さんと水やりを行いました。

2月3日の節分では、いつもよりも元気な患者さんの声がリハビリ室に響いていました。


「今年の厄も払えたね」と患者さんは笑顔。いつも眠そうにしている方もしゃっきりしていたのが印象的でした。

患者さん方の色とりどりの押し花作品↑。生花や庭から摘み作りました。

「思い出になるね」と患者さんは笑顔。皆さんとても素敵な作品です!

コメントをどうぞ