<3月のリハビリテーション庭園>

3月に入ると少しずつ暖かくなり、昨年秋に患者さんが植えて下さったチューリップやスイセンのつぼみが膨らんできました。

下旬には病院の桜も例年より早く満開となり、リハ庭園のシンボルツリーの

ニワウメも見事に咲きました。

庭で歩く練習をしていた患者さんからは「つぼみがかわいい。春が来たね」という声が聞かれました。春の訪れを感じながら、患者さん方はリハビリに励んでおられました。


秋に患者さんが植えて下さったチューリップにつぼみがでてきました↑!

スイセンのつぼみも出ました↑!

ニワウメが今年も見事に咲きました!

↑昨年の3月に患者さんが植えて下さったプリムラ。例年は冬を超えられず枯れてしまうことが多いのですが、寒い冬を乗り越えつぼみが出てきました!

イワザクラ↑


リハ室の窓からも春の花々が咲いている様子が見えます。「春が来たね。眺めてるだけで気分転換になるよ」と、ある患者さんは優しい表情で、庭を眺めながら筋力訓練や歩く練習など、リハビリに励んでおられました。

コメントをどうぞ